7月 20 2017

ネイティブの会話に囲まれた環境に入ることが一番

Posted by nasynasy6 in 未分類

外国語の学習効果を上げる為には、その言語による会話や文章に囲まれた環境の中に入ることが一番効率的です。

それは英語に関してもハングル語に関しても、どの外国語学習に対しても共通して言えることです。

座学や独学による単語や文法の学習も基礎知識を持つ事を目的としてはもちろん重要です。

しかしその学習法方法だけでその語学力を実際の場面で使用しようと思っても中々上手くは行きません。

実際に実用的な外国語を学びたいのであれば、座学による単語や文法と言った基本的な知識を持った上でその外国語に直接触れられる様な学習環境に入るべきです。

一番良いのはその言語の国に行くことだと思います。
旅行に行きたいです。⇒http://xn--n8jr8cx923azcwba.com/

ネイティブの講師がいる外国語の教室でも良いですし、思い切ってその国へ短期間でも移住してみるのも効果的です。

書いたり読んだり見たりして覚えるのでは無くて、実際に耳で聞いて理解し自分の言葉で話すことが外国語を習得する為には一番です。

また耳から入ってきたことは体の感覚で覚えるので忘れにくいと言うメリットもあります。

また私達は外国語を発音する時にどうしても日本語の発音に書き換えて読みやすい様にしようとしますが、実際の外国語は日本語では表現仕切れない微妙な発音の違いや言い回しの違いもあります。

実用的な外国語を習得する為には生きた言葉の中に身を置かなければ、効率的に学習をすることは難しいのです。

長い年月をかけて座学学習を行った人よりも、短期間であってもその言葉を話す環境に置かれていた人の方が外国語をしっかりと使いこなせるものです。