3月 27 2014

誰かの為、自分の為、大切なお金を借りるということ

Posted by nasynasy6 in 未分類

「お金を借りること」と一言でいっても、個人間の少額なものから住宅ローンなどの多額なものまで、たくさんの種類があります。

しかし、自分のお金ではなく、誰か、どこかから借りるということは借金になり、いつかは必ず返さなければならないものには違いありません。

出来れば借金はしたくない、というのが誰しもの本音と思います。しかし、家庭や個人の状況によってはお金を借りなければならないシーンもでてきます。

たとえば、成人後の男性の人生において、

社会人1年目で車を買いたくなり、オートローン、30代で結婚の為、婚約指輪と結婚式代のローン、子どもが出来て、広い家を買う為の住宅ローン、そして子どもが進学する為の学費ローンを組む

…というのが、もしかしたら一般的で必要最低限必要なお金の借り方かもしれません。

それ以外にも、贅沢品などの購入に充てた場合には、それ以上の借金を背負わなければならなくなります。

しかし借金は悪いことではなく、誰かの為に、自分の為に役立つような借り方であれば問題ないと思います。

生きていく上で、命の次に大切なお金です。大事に、計画的に、そして、人生を楽しめるように使っていきたいですね。

3月 27 2014

お金を借りる相手と関係性

Posted by nasynasy6 in 未分類

お金を借りる場合どのような手段であなたは借りますか?

銀行でお金を借りる、金融会社、個人…。ここでは個人でお金を借りることにスポットを当てて考えたいと思います。個人で借りる場合どのような関係性の人から借りるでしょう。

個人で借りることを考えた時に家族、友人、会社の同僚など色々な人がいます。友人から借りた場合のことを考えます。

現在TwitterやFacebookなどのSNSの充実により、個人のプライベートというものはオープンになっています。

例えば、お金を借りた友人以外の共通の友人とご飯に行き、Twitterに一緒にいることを書かれると、友人からすると、口には出すことがなくても、気持ちでは「そのお金を使ってる暇があるなら先にお金返せよ」というふうに思われてもおかしくないでしょう。

こういう些細な事から友人の関係は崩れていくでしょう。なので、お金を友人から借りることは避けたほうがいいと思います。